南関東のロック狂

ロック中心にCDの紹介してます。あと雑談

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行って良かった・・・
と、いうのがまず全体の感想。
ここのところ予定がたてこんでて直前まで行けるかわからず、
結局開演後に当日券での入場。
MEWは2曲ぐらいしか聞けなかったけれど、
スクリーンに映し出された星空を見て
あーこれだーこれが見たかったんだーっという気分でした。
ZEPPクラスのライブってあんまり行かないんですが、やっぱりいいなあ。
MEWが終わって照明がつくと、
2階、ステージ右に巨大風船がごろごろ待機しているのが見えて笑ってしまった。
客席にも被り物やぬいぐるみ多数。
いつも通り、セットチェンジ中にもうウェイン登場(笑)。
いくつか注意があるよ~とのことで通訳付きMC。
・あんまり人を押したりしないでね
・ストロボがとても強いから辛かったら下を向いてね(←通訳が「気分が悪くなったらスタッフまで」と付け加えていた・・・笑)
とのこと。
そんな異様な浮かれムードの中で始まるフレーミングリップス!
今回のセット及びオープニングは、サマソニ09と同じもの。

↑これ。
あ、一曲目はRace For~ではなく、去年のアルバムからえーとWorm Mountainだったかな?
紙吹雪と風船が降り注いで来てさ、凄いね・・・
さっきまで仕事していたようなスーツ姿のサラリーマンとか
課題明けで寝てない食べてない状態の大学生(わたしです)が子供みたいにはしゃいでる。
幸せなライブだなーって毎回思います。Yeah Yeah Yeah Songの合唱は本当に楽しい!

See The Leavesだったかな?
様々な動物の、歯をむき出しにした口のアップが連続で流れる映像をバックに太鼓を叩く
ウェインのシルエットは、なんだか『2001年宇宙の旅』でモノリスに触れたサルを思い起こさせた。
途中で装着したハリボテみたいなでっかい手(これ自体はサマソニでもあったような?うろ覚え)から
レーザーが出るのにもびっくりしてしまった。2つの大きなミラーボールに反射して、会場中光が凄いことに。
すごく宇宙的なイメージに繋がるバンドだなあ。
Pompeii Am Götterdämmerungの時に出る、光る曼荼羅みたいな銅鑼も好き。
そして名曲Race For The Prizeで本編は〆。
すぐ戻ってきてThe W.A.N.D.(好きなので嬉しい)、
もう一回ひっこんで最後はDo You Realize??
ヨシミのジャケットにもご丁寧に日本語で書いてあるけど、この曲は歌詞がとてもいいなあ。
幸せいっぱいの観客に、
「Do You Realize? that you have the most beautiful face!」
と歌うウェイン。
"しあわせだと泣きたくなる。"
本当にこの言葉が似合うバンド。来て良かった・・・。
幸せな気分でZEPPを後にしました。
ゆりかもめで来た(楽しかった)ので帰りもそうしようと思ったのに
人ごみについていったら何故か東京テレポート駅(りんかい線)に着いてしまった。
浮かれすぎだ!

あと、かわいかったのでこのTシャツを買いました。
http://www.flaminglips.com/store/product/powerless-t-shirt
またバンドTシャツが増えた。
スポンサーサイト
★見たもの★
School Of Seven Bells
Kyte
Paramore
Boom Boom Satellites
Nine Inch Nails
Aphex Twin

今年もあんまり予習をしていきませんでした。
School Of~は元The Secret Machinesの人が居るんで見てみましたが、
結構好きなタイプの音でした。インディー系エレクトロ。
やっぱり女性ボーカルっていいなあ。双子ちゃんだそうです。
KyteはポストRadioheadとか呼ばれてるだけあって、好きな音だと思ったけど
長く聞いたらちょっと飽きちゃったので、途中でご飯食べに行ってしまいました。
まだ若いらしいので伸びるかな?ていうか平均年齢20歳って私より年下・・・
高校生の頃に戻りたい。
Paramoreはボーカルの女の子がセーラー服でかわいかったです!
曲も元気な感じで、昼のマリンに合ってると思いました。
その後出てきたブンブンサテライツ・・・も・・・なぜかスカート履いてました。対抗!?
最近の曲は知らなかったんですが、「Moment I Count」聞けて満足。
ドラムの人女性になったんですね。

そして個人的メインのNINですが、これが予想以上でした。
トリじゃないので少し時間が短く残念でしたが、
今までみたNINのライブの中でも1位かもしれません。
始まりは「Somewhat Damaged」で、
晴天だったはずのマリンスタジアムはいつの間にか怪しい雲行き。
3曲目「Heresy」あたりから雨が降り始めてどんどん強くなり、
ストロボの照明は雷光混じりに。
そんな中で聞いた「Burn」や「Gave Up」はかなり凄かったです。
トレントもマイクスタンドやらギターやら投げるわで、
ウッドストック'94の映像を思い出しました。
個人的に嬉しかったのは「Fragile」「The Big Come Down」の2曲!
来日のたびに聞きたいな聞きたいなーと思っていたので
この2曲は続けて演奏されたときは、もう何かがどうにかなりそうだと思いました。
高校生のときフラジャイル何回聞いたかわかりません。
最後の「Hurt」は雨もちょうどやんできたころで、静かに締め。
終わった後はアリーナの地面がプールになってました。
全身びしょ濡れで、携帯死んだかなと思ったけどぎりぎり助かりました。よかった!
そのあとメッセに戻ったら恐ろしく寒かったです。
楽しみにしてたAphex Twinだけど、なんか音楽よりも映像に注目してしまいました。
まぁステージの構成も巨大スクリーン3面+手前にモニターって感じで映像を映していて、
当のリチャードの姿は見えないような感じだったんですけど。
NINがあまりにも良すぎて満足したので途中で帰っちゃった。

で、明日はNIN追いかけて大阪に行くことにしました。
ついでにちょっと観光!
テーマ:☆夏フェス☆ - ジャンル:音楽
念願の初来日!Akron/Familyのツアー最終日に行ってきました。
7時開演のはずが押しに押して、Akron/Familyの出番は22時近く。
約80分ほどの濃いライブでした。
最初はシットリした感じに始まったんですが、
そのうちスタッフが花火を持ち出したり
イルカの風船が大量に投入されたりして
「Lake Song/New Ceremonial Music For Moms」~「Ed Is A Portal」の流れで爆発!
一番前で見てたんですが潰されてしまって(柵がない!久々に流血しました)、
ステージにひきあげてもらいました。
その後はみんなでステージに上がって楽器叩いたり踊ったりで凄く楽しかったです!
終わった後写真も一緒に撮ってもらえました。サインを貰ってる人も多かったです。
メンバーの皆さん凄いフランクな感じで、最後まで楽しかったです。
物販のTシャツは売り切れてたんですが、後日送料無料(!)で配送してくれるらしいので
メンバー3人の顔が入ったTシャツを予約してきました。
開演が遅れたときはどうしようかと思ったけど、すごくファンを思ってる感じでいいなーこういうの。
またすぐ来るよーとも言っていた?ような?
フジか朝霧あたりで来たら一気に人気出そうだと思います。
USインディーの逆襲が始まった!?

1244826242-SA390236.jpg

もってかえってきたイルカちゃん。
一人でこれ持って電車に乗るのはちょっと恥ずかしかった・・・
テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽
この年になって良いと感じるのは、オールナイトのライブに入れることです。それだけです。
伝説のニューウェーブバンドLiquid Liquid、
これが最初で最後の来日みたいですが、すごく良かったです!
メンバーがみんなニコニコしてて、雰囲気の良いライブでした。
生Optimo超かっこいい!!
もう再結成しないって言ってるけどまた見たいなあー。


今週はあと12日にAkron/Familyを見に行きます。
こんなに連続でライブ行くの久しぶり!!
これが終わったらしばらくは課題に追われそうなので、しばらくライブはなしかもしれません。
ソニックユースの新譜買ったのでサマソニに備えます。
後は最近VHFとかJAGJAGUWARとかのインディー系レーベルを漁ったり、
戸川純ちゃんにどっぷりだったりそんな感じです。
新宿ユニオンに通い詰め。
なんか…

日本のエクスペリメンタル・ロックの大運動会みたいな・・・
すさまじいものを見た感じです。
運動会というより最早ディズニーランドのような。
濃かったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。